総合商社からアジアMBA(から起業)

NTU(南洋理工大学)MBAで学びながら今後のキャリアについて考える

グロービス経営大学院 堀義人学長のセミナー

起業を目指すMBA生として、同じくMBAから起業をされている諸先輩方の前例は参考にも励みにもなります。

その中でも、京大⇒総合商社⇒MBA⇒起業という道を辿られているグロービス経営大学院の学長である堀義人氏には以前から勝手に親近感と憧れを感じておりました。(堀さんはハーバードのMBA卒業ですので、その点大きく異なりますが)

 

先日シンガポールグロービス特設キャンパスを開設されるとのことで堀さんの特別セミナーがあり、直接お話を伺えるいい機会と思い参加してきました。

 

f:id:asiambantu:20170916063124j:plain

 

セッション名は「創造に挑み、変革を導く-MBAに学び、MBAを創る」。ご自身の体験を基にMBAから起業の辺りのお話が聞けそうと期待が高まります。

 

セッションはQ&Aを含めて一時間半で、じっくりとお話を聞くことができました。

その中で特に印象に残った点ですが、

  • 変革のためには能力の高さとリスクを取ることが必要。MBAでは能力を高めることに重点を置くが、リスクを取らないと何にもならない。
  • リスクを取っても、自分のやりたいことでなければ困難に直面した時に諦めてしまうことになりかねない。従って、まず「自分のやりたいこと」が重要となる。そこから始まり、それがエネルギーとなり、人を巻き込む力や理念を形成することに繋がる。
  • 起業家に求められるものは時代と共に変わってきており、近年ではテクノロジーへの理解がマストとなっている。
  • VCの立場から投資先を見る際に重視するのは人。加えて対象とするマーケットが大きいか、そのマーケットで一番になれる見込みがあるか。

内容そのものは当然のことも多いですし、著書を読むことである程度カバーされる部分もありますが、セッションでのお話に加えて、Q&Aでの色々な質問に対する回答の言葉が澱みなく出てくるところから、普段から物事について本当によく考えておられるのだろうな、ということが伝わってきました。

 

セッション終了後も日本への帰国便が近くあまりお時間はなかったようですが、しばらく会場に残っておられたので、個別にお話をすることもできました。

 

いい刺激を頂いたので、これを糧にまた日々精進します。

学内/学外の交流について

MBAには将来的に起業することを見据えて来ているのは過去の記事に書いた通りですが(ブログのタイトルにも書いていますが)、ここシンガポールMBAを選んだ理由は、東南アジアを絡めたビジネスができればいいな、と考えているからです。

 

詳しくはこちらをご参照

 

asiambantu.hatenablog.com

 

MBAのクラスに東南アジアでは、シンガポール、フィリピン、マレーシア、タイ、インドネシアといった国からの学生が在籍しています。彼らとはグループワープで一緒に作業をする機会もあり、国民性?なるものもなんとなく肌身で感じることができています。もちろん個々のキャラクターの要素も大きいので一概に言えませんが、将来的に東南アジアで仕事をする上で役に立てばいいな、と思っています。(彼らが将来的にビジネスパートナーとなれば尚有難い!)

 

学内での交流は授業や課外活動を通じて自然と得られますが、学外はそうもいきません。ましてやNTUは辺境に立地する上、授業や課題に忙殺されることから、意識的に外に出ていかない限りキャンパスの中(せいぜい最寄り駅のショッピングセンターに買い物へ出かける程度)で一年を終えた、なんてこともあり得るような環境です。

上の記事にも書きましたが、シンガポールには東南アジアでのビジネスに取り組む人が多く滞在しています。そういった人との交流の機会をどのようにして得るか、ですが、シンガポール渡航前に日本で情報収集をしている時にシンガポール和僑会という、起業家を始めとした、当地でビジネスを行う人のコミュニティがあるという情報を得ていました。

丁度先日和僑会が日本人学校で開催される夏まつりに出店するとのことでしたので、ボランティアでお手伝いに行って参りました。(いきなり会員登録を申請することもできるのですが、私のような貢献できるものが少ない大学生としては、まず汗を掻いて、顔を覚えて頂いてから、と思い、汗を掻ける機会を伺っていました。)

f:id:asiambantu:20170903140047j:plain

 

正直非常に微力でしたが、、、お昼の出店準備からお店を閉じるところまでお手伝いをしてきました。その後には打ち上げにも呼んで頂き、色々とお話を伺うことができて楽しい時間を過ごせました。

その後、会員登録申請も無事に承認頂けましたので、今後イベント等には積極的に参加していこうと考えています。

ホームページの会員紹介を見るに、普段なかなか出会えないような方々が所属されており、これから実際にお会いしてお話させていただくのが楽しみです。

 

他にも当地の大学同窓会への登録もさせて頂いたので、こちらも楽しみです。

 

まだこちらに来て2か月強といったところですが、自由な時間が確保できるのはほぼ週末に限られる上、週末もこれからテスト(準備)、日本への帰省、授業の一環での東京訪問等、予定が満載で実質的に動ける週末というとかなり限られていることに気づき、少々焦りを感じています。

行きたい国も沢山あり、多くの人と話もしたい、そしてもちろん勉強はきちんとする。二兎も三兎も追うような状況ですが、できる限りのことをやっていきたいと思います。

2か月

6月24日の飛行機でシンガポールにやって来て、今日でちょうど2か月が経過しましたので、これまで何をやってきたかを簡単にまとめてみようと思います。

 

<6月27日~7月14日 English Preparatory Course>

NTUでは非ネイティブスピーカー向けに、MBAのコースが始まる前の約3週間、英語のコースが用意されています。

ここには主にMBAの学生で構成される日本人、中国人、韓国人、タイ人、台湾人、カンボジア人、ベトナム人の学生、30名程が参加しました。

内容としては英語そのものの学習ではなく、英語を使ったプレゼンテーションや交渉に関する講義で、グループワークも多くあり、非ネイティブにとって非常に有意義な学びがあるとともに、MBAのコースが始まる前に同級生と仲良くなるいい機会となりました。また、講義担当の先生も非常に熱心できめ細かい指導をされる方で学生からの信頼が厚く、MBAが始まってからも交流が続いています。

なお、追加料金不要とお得です。

 

<7月14日~7月21日 オリエンテーション

ここから全てのMBA学生が参加します。

学校関連施設の説明、ビジネスマナー、就職支援について、TPOに合わせた服装の選び方、といったスタンダードなものから、チームビルディングと称して、セントーサ島へ出向いて、チームを組み命綱を使ったアスレチックに挑戦する(最後はバンジージャンプ)というものまでありました。ここでネイティブスピーカーの学生とも結束を強めることができました。

 

<7月24日~ MBA Trimester1>

授業は6コマで全てコア科目となるため、全員が(2つのグループに分かれて)同じ科目を履修しています。

既に5週目の途中と、Trimesterの半ば(全部で13週)に差し掛かっています。

授業毎の細かい内容は折をみて記事にしますが、どの授業もケーススタディ形式で、課題はグループワークが必要となります。グループワークのグループ決めは基本的に予め国籍、バックグラウンド、性別等を考慮して決められているため、自分でメンバーを選んでグループを組むといったこともできません。

既に全授業のグループワークが始動しており、毎日のように打ち合わせや作業をしています。

 

 

シンガポールに来てまだまだ2か月ですが、今のところ以下が課題だと感じています。

・英語力の向上

 ⇒聞く力、話す力は特にまだまだです。

・時間管理

 ⇒前倒し、優先順位決めを意識していきます。

・目的に向けて前進する

 ⇒常に時間に追われる状況ですが、その中でもMBAに来た目的を見失うことなく、卒業後を見据えて行動を起こすことを意識していきます。

 

Trimester1が終わった頃にまた振り返りをしたいと思います。

QB HOUSE Premium

気づけば、16歳以降美容院以外で散髪をしたことがありませんでした。

 

そして、既に人生の半分以上美容院通いをしている私の目の前に現れました。

 

f:id:asiambantu:20170821230021j:plain

 

シンガポールのあちこちで見かけるQBハウス(韓国系の同じコンセプトの理容室もよく見かけます)です。

 

正直、失礼ながら日本では試す気にもならなかったのですが、人との待ち合わせまで少し時間があったことと、綺麗な店構えが気になり店の入口で店内を見回していると、店員さんが今すぐカットできますよ、と声を掛けてくれたので勢いで挑戦してきました。

 

結論としては、大満足でした。

短時間で安く切ってもらえる、というのは時間もお金もない学生にとって非常に有難いことです(実はシンガポールに来て2か月近く経ちますが、一度も散髪していませんでした)。それに加え、シンガポールの美容室ではバリカンでの刈上げからカットがスタートするとの同級生の体験談から、当地での散髪には恐々としていたのですが、QBハウスでは事前に刈上げの要否確認があって助かりました(私は不要派です)。

 

また、店内は道具の収納の仕方が効率的で、カットした髪の毛の掃除も簡単にできる工夫がしてあり、また待合スペースを含めて狭いスペースに上手く内装がデザインされており、短時間低価格回転重視のコンセプトが素人の目にも非常に分かりやすく、勉強にもなりました。

 

元々保守的な考え方の私ではありますが、シンガポールに来てからは食わず嫌いはせず、まずやってみる、を心掛けるようにしています。ここでも思わぬ収穫がありましたので、今後も色々と試してみようと思います。面白い話があれば報告させて頂きます。

海外遠征その①

MBA在学中はシンガポールという地理的利点を生かすべく、起業のヒント、ネタ探しのために近隣諸国へできるだけ足を運びたいと考えています。

8月7日月曜日がたまたま授業の振替で休みになったので、8月4~7日の三泊四日でタイのバンコクに行ってきました。急な計画にも関わらず、韓国人同級生がバンコクに行ってみたい、とのことだったので、二人での訪タイです。

 

タイの概要

Wikipediaによるとタイは人口約6,700万人、GDP約USD4,000億、一人当たりGDP約USD5,700です。因みに日本は人口約1億2,700万人、GDP約USD5兆1,000億、一人当たりGDP約USD40,000です。

GDP成長率はばらつきがあるものの、成長傾向にあり、2016年は3.23%でした。

 

観光

私は前職時代にタイに2年ほど駐在していたので今更感がありますが、初めてタイを訪れる同行者のためにも、ワットポーとワットプラケオに行ってまいりました。

f:id:asiambantu:20170813025625j:plain

 

相変わらず外国人観光客が多かったです。

バンコク名物の渋滞も健在で、タクシーで移動しましたがかなり時間を要しました。

(また、街の中心部で拾ったからなのか、メーター使用を嫌がるタクシーが未だ多いです。)

ただ、車中から見る回りを走る車は新しい車が多いです。トヨタとホンダのシェアが非常に高い。

 

ゴルフショップ

これは単純に翌日にゴルフを予定していたので立ち寄っただけですが、タニヤプラザというゴルフショップが多数入居するショッピングセンターへ行ってきました。

こちらも数年前と比べると少々景色が変わっており、以前は日本人客が大半を占めていたように思うのですが、タイ人の客がかなり多くなっているように感じました。

f:id:asiambantu:20170813025613j:plain

 

デパート

バンコクには沢山のデパートがあり、週末には多くの買い物客で賑わうのですが、今回はタイで日本商品がどの程度関心を持たれているのか見てみたかったので、伊勢丹に行ってきました。

伊勢丹の食品売り場には日本からの輸入品を多く含む、かなりの種類の日本食が売られています。値段はローカルスーパーと比較して当然高いのですが、ここでも多くのタイ人客を見かけました。特にタイ人が日本酒等の日本のアルコール飲料にどれほど関心があるのかに興味があったので、しばらくお酒コーナーで観察していたのですが、30分程の間ではごく少数のタイ人が手に取った程度で、一方多くの人が訪れるワインコーナーと比較するとまだまだ関心が低そうだな、といった感じです。

f:id:asiambantu:20170813025609j:plain

 

因みに、滞在したホテル周辺のローカルスーパー(といっても観光客の利用が多いエリアですが)でも日本酒、焼酎の取り扱いがありました。日本酒は常温保管で、大手酒造の一部銘柄だけの取り扱いではありますが。また、梅酒の人気は高いようで、こちらはかなりの種類が取り揃えられていました。

 

居酒屋

タイにおける日本食人気は以前から高く、それは今でも変わらない様子でした。

滞在中に2回日本食の居酒屋を利用しましたが、日本人客とタイ人客の割合は半分ずつ程度。日本食人気の定着が伺えました。ちらちら周りを見渡すと、ビールとハイボールの注文が多そうです。また、日本食の値段は相対的に高いのですが、タイ人客は若い人のグループが目立ちます。

 

今回はLCCを利用しての旅行だったので、タイのドンムアン空港を利用しましたが、国際線を利用するタイ人客が非常に多く感じました。現在は市内までタクシーかバスを利用するしかないのですが、タクシーの運転手曰く、二年後にはドンムアンからチャトチャック市場への電車路線が開通予定とのことです。LCC利用者がますます増えることを見込んでのことでしょう。

 

 

あっという間の滞在でしたが、色々と学びがありました。

次の遠征が今から楽しみです。